つくば 引越し業者 口コミ

つくば市の安い引越し業者の簡単な探し方

つくば市 引越し 安い

つくば市 引越し 見積もり

つくば市 引越し 比較

つくば市 引越し 相場

 

つくば市の引越し業者を検索すると30件以上がヒットします。
この約30件すべての引越し業者に見積もりを取ることができれば、つくば市内で一番安い引越し業者を探すことができますね。

 

しかしそれは、到底無理な話です。
すべての引越し業者に電話をかけたり、メールをするのには時間と労力が相当かかります。

 

すべての引越し業者に見積もりを依頼するのは無理でも、せめて3〜4社からは見積もりを取って料金などを比較してください。

 

提示された引越し費用が安いのか高いのか判断するには、相場を知る必要があります。
そして相場を知るには、数社からの見積もりが不可欠なのです。

 

そのためにオススメなのが、引越し業者一括見積もりサイトです。

 

つくば市 引越し 最安値

 

一括見積もりサイトなら24時間いつでも好きな時間に申し込むことができるので、仕事が忙しくて夜中にしか時間がない人などにもオススメです。

 

荷物の量や物件の情報、エレベーターの有無など、1度情報を入力するだけで複数の引越し業者から見積もりを取ることができ、相場はもちろん最安値の引越し業者を探すのにも一役買います。

 

200社以上が参加していますが、あなたのお住まいの地域に対応できる引越し業者を厳選して見積もりを取ってくれます。

 

再利用料はかかりませんので、ぜひお役立てくださいね。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越しのおおよその手順

 

引越し 手順

 

引越しの際はすることが多くて大変なので、おおよその手順を知っておくと便利ですよ。

 

まず引越し業者に見積もりを取るのは、新居が決まってからすぐがオススメです。
新居の階数やエレベーターの有無などの情報がなければ、正確な金額を計算することができないからです。

 

そして荷物は早めに梱包しておきましょう。
あまり使わないものや季節外れの洋服などから梱包し、不用品はできるだけ引越し前に処分しましょう。
引越し日までに梱包が間に合わないと、引越し業者がやってくれますが有料となります。

 

市外引越しの方は「転出届」を市町村役場に出します。引越し2週間前から提出できます。
ついでに国民健康保険や国民年金、児童手当など役所関係のものがあれば、住所変更について必要なものがないか聞いておくと無駄がありませんね。

 

電気・ガス・水道は引越し日までは前の住所で使えるようにしてもらい、その日までの費用を日割りで精算してもらうように手配しましょう。
詳しいことは会社によって違うので、電話で確認してください。

 

郵便物の引越しもしなければなりません。
そのためには最寄りの郵便局に行って、引越し日からは新居に荷物を転送してもらう手配をしてください。
1年間は新居に転送してくれるので、その間に引越ししたことを知り合いに伝えておきましょう。

 

引越し当日は家具や家電の配置を引越し業者に指示してくださいね。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものなどは自分で管理しましょう。

 

引越し日から2週間以内に市内引越しなら「転居届」を、市外引越しなら「転入届」を提出してください。
これで選挙など役所からの大事なお知らせが届きます。

 

運転免許証やパスポートなどの身分証明書になるものや、各種の保険・銀行カード・クレジットカードなどの住所変更手続きを行ってくださいね。

 

 

引越し業者のオプション

 

引越し オプション

 

引越し業者には別料金で行っているオプションサービスというものがあります。
有料オプションサービスには以下のようなものです。

 

・エアコンの取外・取付
・消毒・殺虫サービス
・ハウスクリーニング
・新聞の手配
・御挨拶品の準備
・ピアノの輸送
・ピアノの調律
・特殊品の輸送
・バイクや車の陸送サービス
・ペットの輸送
・盗聴器の発見サービス
・造園サービス
・荷物の一時預かり
・ハウスリフォーム
・ネット申し込み
・耐震グッズ施行
・資材回収
・不用品の処分

 

エアコンの移設は自分で依頼すると、引越し前と後の2回、電気屋さんに連絡をしないといけないので面倒です。
オプションで依頼しておけば、代わりに手配してくれるので簡単ですね。

 

家のリフォームや建て替えで仮住まいに入居する際に、すべての家具を持って行くのは大変です。
そこでしばらく引越し業者に預かってもらうことができるのです。嬉しいサービスですね。

 

これらすべてがどこの引越し業者にもあるわけではありません。
まずはどんなサービスが必要なのか検討してみて業者選びのポイントにしてください。

 

 

引越しの挨拶

 

引越し 挨拶

 

引越しの挨拶にはどんなルールがあるのでしょうか?

 

挨拶に行くタイミングは意外にも、「引越し当日」が一般的なのだそうです。

 

しかしあまり遅い時間に行くのは逆に非常識になるので、その場合は翌日にしましょう。
いずれにせよ、かなり早い段階で挨拶に行ったほうがいいようです。

 

ご近所と言っても、どこの家まで行けばいいのか迷いますよね。

 

一軒家なら向こう3軒両隣、つまりお向かいさんとその両隣、自分の家の両隣の合計5軒に挨拶に行きましょう。
一軒家にはマンションのようなゴミ収集場がないため、ゴミ当番が回ってくることもあるので自治会長さんにも挨拶しておくと良いかもしれません。

 

マンションやアパートなら左右上下の部屋の合計4軒に挨拶に行きましょう。
他にも管理人さんや大家さんがもし近くに住んでいるなら、やはり挨拶しておくと良いですね。

 

手ぶらよりは500〜1000円程度の簡単な手土産を用意しておくと行きやすくなります。
タオルや洗剤、お菓子やコーヒーや紅茶などの消耗品が手土産として人気です。

 

 

引越しの繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越しの距離や運ぶ荷物の量が全く同じだったら、いつでも引越し費用が同じというわけではありません。
引越し業界には繁忙期があるからです。

 

繁忙期は通常期に比べて、引越し費用がかなり高額になります。
どうして繁忙期の引越し費用が高くなってしまうのでしょうか?

 

引越し業界の繁忙期というのは、3月〜4月上旬です。

 

日本では新学期が4月から始まります。
そのため、新大学生や新社会人は卒業後の春休み、つまり3月下旬から4月上旬に引越しを行います。

 

これが全国の大学や会社で一斉に行われるのですから、この時期の引越し業者は大忙しとなるのです。

 

しかも引越しする人々は、これだけではありません。
サラリーマンの春の転勤も同時期と重なり、最悪の場合は引越し業者が見つからないという事も起こります。

 

もちろん引越し業者も何もしないわけではなく、繁忙期はスタッフを増員するなどして対応します。残業も多くなります。
このため、人件費などの増加分引越し費用も高くなるのです。

 

遠距離引越しでは、7ケタの請求が来ることも本当にあるそうです。恐ろしいですね。

 

もし可能であれば、繁忙期の引越しは避けましょう。
まずは身軽で引越したのちに繁忙期が終わってから必要な家財を送ってもらうとか、新居の近くで家具家電を調達するなどの知恵と工夫が必要です。

 

 

引越しと粗大ゴミの処分方法

 

引越し 粗大ごみ

 

引越しはいらないものを処分するチャンスでもあります。
特に粗大ゴミは新居に運ぶにも費用がかかるので、引越しの前に処分してしまいましょう。

 

そもそも粗大ゴミとは何でしょう。

 

一辺の大きさが50センチ以上のものや重さが50kgを超えるものは、粗大ゴミとして処理しなければなりません。
またガスコンロ・石油ストーブ・石油ファンヒーター・電子レンジは大きさに関係なく粗大ゴミです。

 

そして粗大ゴミを処分する方法には、2つあります。
回収に来てもらう方法(有料)と自分で捨てに行く方法(無料)です。

 

【A:回収に来てもらう方法(有料)】
1・リサイクルセンターに連絡をして、回収に来てもらえる日を予約する。
 ※商品の種類や大きさ・個数、氏名・住所・電話番号を聞かれます。
 ※シールの枚数と金額、収集日と粗大ゴミを出す場所を教えてくれます。

 

2・スーパーやコンビニで販売している「粗大ゴミシール」を買って、粗大ゴミに貼る。
 ※一度購入した粗大ゴミシールは払い戻しや再発行ができません。
 ※粗大ゴミシールは、一点ごとに必要枚数を目立つところに貼ってください。

 

3・あとは指定された収集日の朝8時までに、申込時に確認した場所に出す。

 

【B:自分で捨てに行く方法(無料)】
1・リサイクルセンターに連絡をして、持ち込みをする日を予約する。
 ※当日の予約は受け付けておりません。
 ※予約可能期間は一週間先までのところもあります。
 ※持ち込み希望日、時間、処分予定の商品名、数、持ち込む車両番号を伝えると、予約番号をが貰えます。

 

2・あとはリサイクルセンターに直接持ち込みます。
※予約番号と氏名を受付に言います。
※粗大ゴミシールは必要ありません。

 

この方法は多くの自治体で採用されていますが、すべてがそうではありません。
お住まいの自治体が管理しているリサイクルセンターなどに問い合わせてご確認ください。

 

それと家電リサイクル法で定められた家電を処分したいときは、家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクル(有料)が必要です。

 

家電リサイクル法で定められた家電というのは、エアコン・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)・冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。